FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:(-) | トラックバック:(-) | top↑ |

 意識というもの

2011.05.20 Fri
僕のいるPPは、就業スタイルが完全フレックススタイルだ。
定時は7時~15時だが別に自分に合わせてくればいい。
5時にくれば13時に帰ってもいいし、残ってやれば他の日休んでもいい。
荷物の到着待ちや子供の体調不良などで家を空けられないが家での時間があるときは、自宅での作業も可能だ。

そんな会社はデンマークでもなかなかないと職人達も言っていた。

勤務する直前、私は英語が得意でないため会社内での会話に不安を覚えていた。
しかし友人から2人の職人は耳が聞こえないという事を聞き、
『ま、聞こえないよりは下手でも多少なりとも話せるほうがコミュニケーションが出来るだろう』
と安心した。笑

また福祉の進んだ国だからハンディを持った人を雇うという決まりが、ある一定の規模を超えた会社には課せられているのかとも思っていた。

勤務して驚いたのは、その二人が何の差もなく扱われ、本人達もとても明るく楽しげに過ごしていること。
皆がアー、とかンーーーとかいいながら身振り手振りで会話をし、一緒に働いている。

右が耳が聞こえないアラン。
いつもジョークばかりでとてもひょうきんだ。

R0011565_convert_20110608190418.jpg

こちらはもう83歳になるバーナード。
この年でも働きたいと思える環境なんだと実感する

R0011542_convert_20110608190012.jpg


僕はある帰りの車内で友人に、

『ハンディを持ったみんなも楽しそうですばらしい会社だな』

というと、友人は

『別にハンディなんかない。彼らは耳が聞こえないだけで普通に考えることが出来るし、物も作ることが出来る』

と普通に言った。

こんな事は日本では絶対にありえない意識だと感じとても驚いたと同時に、たしかにその通りだと思った。

その時、エクストリームスポーツを好むのは遺伝子で決まっていて、練習するか否かの問題ではないという内容を読んだライターが、自転車に乗れない事と計算が苦手なことは同じ事であり、それに気づいた時、気が楽になったという文章を書いていたのを思い出した。

きっとこのPPでは耳が聞こえないことよりも不器用なことの方が問題が大きいというだけなのだ。

日本人は規格から外れることを極端に嫌う。
これは完全な物を作ろうとする意識の中ではとても大切なことだが、人間そのものについてまでそのような差別意識を植えつけてきているのではないかと感じた瞬間だった。

スポンサーサイト


カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |
<<comeback Japan! | ホーム | HARIBO>>

コメント:

name
title
mail
url

[ ]

トラックバック:

トラックバック URL
http://fumihikosano.blog.fc2.com/tb.php/21-1d1738f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。