スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:(-) | トラックバック:(-) | top↑ |

日本人

2012.07.18 Wed
飛行機の中でキツツキと雨という映画を見た。
役所浩司さんの演じる勝さんの林業従事者としての日々の過ごし方を見て、大工をしていた頃や、小学生の頃奈良の実家で過ごした日を思い出し、懐かしくなった。
本来農耕民族である日本人は仕事内容に変化はあれど、いろんな事が毎日起これど、いつもこの時期にする当たり前の仕事をし、古来から綿々と同じ流れの中で続く大きなサイクルの中で生きていく日々というものがあったなと、何だか感覚的に感じた。
自然から直接恵みをおすそ分けいただく一次産業は人間が自然によりそうといった形で続いていく。
人間はその場所の気候風土に合った住居や食生活を続け、そこに宗教観や哲学を構築し文化を形成してきた。
でも、ふと目に入った建売住宅の姿を見ると、そこには何もなかった。
確かに住宅として今の日本人求める住宅として方向は別としてデザインはされてる。
でもそれだけ。
この国の人間はこの先どうなるんだろう。
すべて忘れてしまって、目の前だけを見て。
パリから帰ってきてふと感じた東京。
きっと日本人のいくらかは薄々感づいてきてる。
地震でなくなるだけじゃない。
津波にさらわれるだけじゃない。
自ら沢山の物を失ってる。
これは未来に何かを残せているんだろうか。
人間は自然を征服したつもりになって、自分から自然から離れて行って、何をしているんだろうと思った。

写真
スポンサーサイト


カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |
<<タイトルなし | ホーム | 価値とは何か>>

コメント:

name
title
mail
url

[ ]

トラックバック:

トラックバック URL
http://fumihikosano.blog.fc2.com/tb.php/53-da45e410

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。