スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:(-) | トラックバック:(-) | top↑ |

価値とは何か

2012.05.11 Fri
長らくブログを書いていない。
昨年末から展覧会やらプロジェクトやら、いろいろと面白いことに参加させていただいているおかげで、ブログを書く手が止まっている。
ホンマはこれではあかんのやけれど。
3.11の時に書こうと思ったことがあった。
ただ、3.11の時はすごい数のブログが上がるだろうからと思いながら書き掛けたまま放っていたのだが、そろそろここで書こうと思う。
年末、neutronという外苑前のギャラリーで金理有氏の展覧会で、ギャラリー内に茶室を作らせていただいた。
その際に東京画廊の山本豊津さんが来られて、一緒に食事をしながら話していた事がとても興味深かった。
物の価値というのは、材料の原価、クオリティ、コンセプトでできている。材料っていうのは目の前にあってそれそのもので価値を持つ、実だ。
そしてコンセプトは目に見えない虚。現代美術っていうのは特にコンセプトの比重が大きい。
今は社会が皆、実を求めている。だからアパレルも価格が安いファストファッションか、金額に対する見返りが大きいアウトドアファッションを買う。だからコンセプトを打っているアパレルブランドは売れない時代だ。
でも、3.11以降、価値観というものは変わってきているんじゃないかという話になった。
皆が文化など目に見えないものを放棄して家電、家具、車、家といった実を手元に置こうとした。そして地震が起こった。そしたら、自分たちが持っていた実よりも、もっと強大な津波という実が押し寄せて、自分たちが実だと思ってかき集めたものを総てさらって行ってしまった。
そこで皆何かに気付いたのではないか。
自分たちの追い求めた実は、虚だったのではないかと。

今、とても面白いプロジェクトに関わらせていただいている。
とても大きくいってしまうと、海外に日本の文化を移植するプロジェクトだ。
私は昔、数寄屋大工として京都で弟子修業をしていた。
しかし仕事は昔のように多くはない。
それはどの伝統産業もそうだろう。
後に年季明けをして、東京で数年設計事務所で働いたが、担当した物件の大工を見てよく驚いたものだ。
勿論上手い人もいるが、それほどまでに私が見た東京の大工の質は低かった。
数千年前から豊富な森林資源を元に発達し、江戸時代には最高に達した木造の技術が、今この数十年でなくなろうとしている。
劇的な生活様式の変化や、敗戦による設備、流通ルートの崩壊、何より効率のみを優先し、今までの価値観の崩壊などによって、織や、染めや、塗りや彫りや、様々な世界に誇れたであろう技術がどんどん絶滅し、今、かなり大きいところまでが失われようとしている。
一番難しいのは技術者が生きていくことではない。
その技術が生き続けていくことだ。
残った日本の文化の本物を、作り、見せる機会をたくさん作っていくことが、助成金を出すことなどよりずっと大切だと思う。
それは形ではなく、クオリティなのだ。
文化はなくても腹は減らないし寒くもない。
ただ、それによって自分たちのアイデンテティまで失って、アメリカにかぶれただけのアメリカ人風日本人に成り下がるのはどうなんだろうかと思う。
なによりさみしいのは、それにすら気づかない日本人がたくさんいる事だ。
話しても分かり合えない人に会うとほんとに残念に思う。
我々は今転換期である。
本当に失ってはいけないものとは何か。
自分が生きながら後世に紡いでいくべきものとは何なのか。
そういったことを考えながら、考え直しながら今後を生きていけるようにしたいと思う。


カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |

金 理有 展 「捨象美術」茶室完成

2011.12.18 Sun
金 理有 展 「捨象美術」がgallery neutron Tokyo にて始まりました。

gallery neutron Tokyo

今回、私はギャラリーの三階にお茶室を作らせていただきました。

先日Out Of Place Tokioの鈴木さんもここまでやるんですかとおっしゃっていましたが、通常の仮設といった感じではないものを設置しています。
普通に屋根に乗って作業できるそんなクオリティ。
いらしてくださったお客様だけでなく、依頼してくれた作家にまで驚きをもって見てもらいたかったというのが本音です。
また壁面を時間や季節、使われる亭主、お客様などに合わせてインタラクティブに変化させられる要素を取り込んでいます。
ぜひご高覧ください。


R0014636_convert_20111218105927.jpg

R0014646_convert_20111218110003.jpg


カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |

茅野市・藤森照信氏の建築を見て

2011.11.27 Sun
先日友人から、メキシコと日本の建築と自然の関係性について問うプロジェクトのために、メキシコ人建築家が藤森照信さんに合いに来るので対談に参加しないかと言われ茅野市へ行ってきた。
茅野市は藤森照信さんの故郷でもあり処女作の神長官守矢資料館がある。ちなみに伊東豊雄さんの出身地諏訪はすぐ隣。
当日はすごい雨だったが藤森さんが出迎えてくださり、私たちは一緒に、神長官守矢資料館、最近近くに移設された空飛ぶ泥船、高過庵、ご実家である幻庵を案内してくださった。

R0014571_convert_20111128115131.jpg

R0014578_convert_20111128114529.jpg

R0014609_convert_20111128115114.jpg

R0014606_convert_20111128114803.jpg



藤森さんは普通の建築家ではない。
建築史家として近代建築史を専門とし、論文にて学者として建築学会賞を受賞。
現代建築にもその評論は現代建築にも及び、建築史家としての莫大な知識や経験からヴァナキュラーな素材を使って建築家としての活動を始められ、作品でも建築学会賞を受賞。
論文と作品の両方で建築学会賞を受賞されているのは藤森さんだけだ。
それに赤瀬川源平などの美術家と路上観察学会を発足、街に残された、いや置き去りになってしまったような記憶を記録して廻られている。


藤森さんの作品は、東京近郊にはないためSUMIKA project以外はなかなか目にする機会がなかったのだが、今回一度にまとまって4つも見ることが出来た。
案内していただいた後、長野ということで蕎麦を頂きながらも色々と素材やディテールについての疑問をお聞きし、茅野市民館で行われていた藤森さんの展覧会を見て帰ってきたのだが、じっくり藤森さんから作品についての言葉を引き出せたといった感ではなかったのが率直な感想だ。

現物を見て思ったのがやはりディテールが詰められていない。というより詰めないように、より素人の仕事痕を残そうと意識している。
これはどこへ向かおうとしているのか。

クオリティを一言で表すなら、「大工の日曜大工」だ。
大工というのは人のものはきちっとやれるのだが、自分のものはとてもいい加減で使える程度までしかやらない人が多い。
大工が住んでいたという古い町屋などは不思議な作りになっているものだ。
何とでも後で修正できるという考えからディテールも作りも甘くなるのだが、それを藤森建築ではわざと気を使ってきれいにしないようにしているといった感じ。
実際にの大工やクレーン屋等をしている幼馴染達や市民と一緒に製作したらしいのだが、藤森さんのだからといってきれいには作ってはいない。
お話しした際、感想としてつい口をついて出てしまったのだが、昔はこのくらいだったんではないかというかんじですね。というものだった。
普通、建築家はどういったディテールで制作させた部材も既製品と同じかそれ以上のクオリティを求め、既製品よりも美しくあろうとする。
手でではむつかしい機構を作り出せない為、(凄い手間をかければ原型は作っているので可能だが一つの為にという意)レバーハンドルや鍵、蝶番などを既製品を使う。
でも藤森建築はそれにすら頼らない。
高過庵も空飛ぶ泥船もはしごを外すことで鍵の代わりになり、上滑り出し窓のつっかえはビスで窓枠に打ってあるだけ。それでもたしかにつっかえ棒は動かせる。扉の取っ手もビスの頭。
これは既製品がなかった時代の日曜大工のクオリティな気がする。
日本建築には本来既製品などない。
私が建築を経験してきた世界では玄関扉の鍵や設備以外のものはすべて制作するものだった。
藤森建築は本来の意味での日本の日曜大工ではないかと、そんなことを考えさせられた一日でした。

R0014579_convert_20111128115728.jpg

R0014622_convert_20111128114637.jpg




カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |

WebSite OPEN

2011.11.15 Tue
以前から、作ったほうがいいとたくさんの方々からいわれ、作りたい、作りたいと思っていた私のWebSiteがオープンしました。

www.fumihikosano.jp



今回のデザインはグラフィックデザイナーでkaleidosxopeという事務所の代表でもある渡辺潤くんにお願いしました。
潤くんとは以前にも、表参道のAoビルでNihonjinというユニットを組んで、一緒にプロジェクトをやらせていただいています。
潤くんは撮影や打ち合わせなど、とても忙しい人なのですが、ちょいちょい打ち合わせと言いながら深夜まで語り、飲んでいる仲です。

今回私は、トップに作品の写真がドーンとあるのではなく、文字組や、サイト内での動き方で魅せられるものにしてほしいとお願いしました。
その結果、僕をイメージしたというエディトリアルデザインを得意としている彼故のシンプルな見せ方と、アイコンをクリックすると画面中を縦横無尽に動き回るような仕掛けを作ってくれました。

元々SOUPデザイン出身で、師匠の尾原さんに負けず劣らず、それ以前はプロのダンサーだったというかわった経歴を持つ潤くん。
独特なキャリアの者同士、今も一緒に進めている面白いプロジェクトもありますので、こうご期待です。




カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |

DESIGNTIDETOKYO

2011.10.30 Sun
10/29-11/3まで開催中のDESIGNTIDETOKYO2011に長坂常さんとやらせていただいた、「flattable_#4_extended」が出展されています。ミッドタウンホール メイン会場にてご覧頂けます。

http://www.mark-ing.info/


PA271975[1]_convert_20111101100653

PA271976[1]_convert_20111101100542

PA271982[1]_convert_20111101100614

PA271977[1]_convert_20111101100847

PA271978[1]_convert_20111101101051

長坂さんの作られているflattableを幅880㎜×長さ600㎜×厚み50㎜の一枚ものの杉板でエクステンションした作品です。
杉の柔らかさ、無垢さが、ナチュラルレザーのように使いながら変化していく様を楽しんでいただける作品となっております。
ぜひご高覧ください。

カテゴリ:BLOG | コメント:(0) | トラックバック:(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。